チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"「彼がすぐに箱を開ける保証はない……確かにそうです。彼女もそれは承知していた。彼女にしてみれば、それは一種の賭けだったのです。自身の殺意の分だけの蓋然性があれば充分だった……。彼女はたった一言、彼の耳元..."

f:id:Saitoh:20151219223300p:plain

“「彼がすぐに箱を開ける保証はない……確かにそうです。彼女もそれは承知していた。彼女にしてみれば、それは一種の賭けだったのです。自身の殺意の分だけの蓋然性があれば充分だった……。彼女はたった...
from Tumblr http://ift.tt/1T8brj5
via IFTTT