チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"エンジニアとしての岩田氏の顔 川上氏:  話は変わるんですけれど,岩田さんって,元々は「スーパープログラマー」だったんですよね?岩田氏:  んん。いや,まあ……自分で言うのは抵抗ありますし,そもそも自分..."

f:id:Saitoh:20141210142252j:plain

エンジニアとしての岩田氏の顔


川上氏:
 話は変わるんですけれど,岩田さんって,元々は「スーパープログラマー」だったんですよね?

岩田氏:
 んん。いや,まあ……自分で言うのは抵抗ありますし,そもそも自分でそう言ってたわけではないですし,今の基準で本当に「スーパー」だったのかどうかはわかりませんけど(笑)

川上氏:
 まぁでも,他人からそう思われる時代は確かにあったわけですよね。HAL研究所時代とかは。

image
岩田氏:
 そうですねぇ。HAL研究所に入ってからある時期までは,「ビデオゲーム業界で,ソフト技術面で自分より秀でたエンジニアはいない」と,そう自惚れていた頃は確かにありました。「任天堂のエンジニアの誰にもファミコンのプログラムなら俺は負けない!」とか「自分が一番速くてコンパクトなコードを書けるんだ!」って思っていましたから。

川上氏:
 でも,マネージメントとか経営の方にいって人を動かすようになると,自分でコードは書けなくなりますよね。

岩田氏:
 そうですね。

川上氏:
 そうすると,もの凄く悩むことが多いじゃないですか。マネージメントをやるのか,それともコードを書いていきたいのか,みたいなことで。岩田さんも,そういう葛藤とかってあったんですか?

岩田氏:
 ああ。私の場合はですね。コードは書き続けていたんですよ。40歳までは。

4Gamer
 ええっ,そうだったんですか?

岩田氏:
 はい。まぁ,もちろん平日昼間に黙々とコードを書くとかは無理なんですけど,「夜は俺の時間だー!」みたいなね。あるいは,休みの日に仕事を持って帰って自宅でコードを書いて,面白いものが出来たら,月曜日に「こんなの出来たんだけど」ってみんなに見せると,喜んでくれたりするのが面白くてね。

川上氏:
 へえー!

岩田氏:
 まぁ,昼間はマネージメント業務をしないと会社が回らないので,そちらをやっていましたけど,コードを書くことは辞めませんでした。

川上氏:
 えっと,じゃあ,エンジニアとしての最後の仕事はなんだったんですか?

岩田氏:
 うーん。これ,言っていいのかな。まぁ,もう時効だと思うんで話しちゃいますけど,私が最後にプログラムに関わる仕事をしたのは,任天堂の経営企画室長時代ですね。ゲームキューブ版の「スマッシュブラザーズ」が,このままだと発売日に間に合わないっていう事態に陥って。私がその,コードレビューやら何やらをやったんですよ(苦笑)

一同:
 (爆笑)

川上氏:
 それ,どう考えても経営企画室長の仕事じゃないですよね(笑)

岩田氏:
 そうなんですけどね(苦笑)。でも,その時は山梨のHAL研究所に行って,臨時の「デバッグ隊長」をしたんです。コードレビューをして,バグを直して,人が書いたコードを読んで直して,それから任天堂から送られてくる山ほどのバグリストを,これは誰それのパートだと仕分けして,みんなに配って歩き……っていうのを3週間ぐらいやったんです。それで,なんとか間に合ったんですよ。

川上氏:
 あまつさえ,デバッグまで自分でやったんですか!

岩田氏:
 それがね,たぶん自分が現役エンジニアとしてやった最後の仕事なんです。それこそ,一番テンパってるプログラマーの横に張り付いて,一緒にコードを読んで,「あ,ここがバグ!」とか言って直したりしてましたからね。

川上氏:
 超面白い話ですね。でも,それが最後っていうことは,やっぱりその後のどこかで,現役のエンジニアに勝てない部分とかが出てくるわけですよね。

岩田氏:
 現場から離れていると,どうしてもそうなりますね。原理原則は分かっていても,自分の技術をアップデートする時間が取れませんから。だから,「あれってどういうことなの?」って分からなくなっていくんです。
 ただ,私は今もシステム系の開発部門は直轄で見てるんですけど,彼らがやっていることはときどき説明してもらってるんですよ。そうすることによって,自分の判断基準が古びていくのを,なんとか防ごうとあがいています。

川上氏:
 それはずっと続けているんですか。

岩田氏:
 続けてます。なんといいますかね。「日本で一番プログラムのことが分かっている上場企業の社長という地位は,まだ捨てたくない!」と個人的には思っていますから。

一同:
 (爆笑)”

- 任天堂・岩田氏をゲストに送る「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」最終回――経営とは「コトとヒト」の両方について考える「最適化ゲーム」 - 4Gamer.net (via krk39)
from Tumblr http://ift.tt/1LgvQk5
via IFTTT