チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

tiga: 1945年8月21日、ロスアラモス研究所で働いていた物理学者のハリー・ダリアン(英語版)は、後にデーモン・コアと呼ばれるプルトニウムの塊を用いて中性子反射体の働きを見る実験を行っていた。プ...

f:id:Saitoh:20150707233852p:plain

tiga:

1945年8月21日、ロスアラモス研究所で働いていた物理学者のハリー・ダリアン(英語版)は、後にデーモン・コアと呼ばれるプルトニウムの塊を用いて中性子反射体の働きを見る実験を行っていた。プルトニウムの塊の周囲に中性子反射体である炭化タングステンのブロックを積み重ねることで徐々に臨界に近づける、という要旨の実験であった。ブロックをコアに近づけ過ぎると即座に臨界状態に達して核分裂が始まり、大量の中性子線が放たれるため危険である。しかしダリアンは手が滑り、ブロックを誤ってプルトニウムの塊の上に落下させてしまった。プルトニウムの塊は即座に核分裂を起こし、そこから放たれた中性子線はダリアンを直撃した。ダリアンはあわててブロックをプルトニウムの塊の上からどかせたものの、彼はすでに致死量の放射線(推定5.1シーベルト)を浴びていた。ダリアンは25日後に急性放射線障害のために死亡した。


from Tumblr http://ift.tt/1CYjpT7
via IFTTT