チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"つまり私は「事実(Fact)」と「真実(truth)」は違うんだということが言いたいのです。 脳の活動こそが事実、つまり、感覚世界のすべてであって、実際の世界である「真実」については、脳は知り得ない、..."

つまり私は「事実(Fact)」と「真実(truth)」は違うんだということが言いたいのです。

脳の活動こそが事実、つまり、感覚世界のすべてであって、実際の世界である「真実」については、脳は知り得ない、いや、脳にとっては知る必要さえなくて、「真実なんてどうでもいい」となるわけです。

この考え方は「脳」を考えていくときに重要なポイントになりますので、忘れないでください。



- 単純な脳、複雑な「私」(または、自分を使い回しながら進化した脳をめぐる4つの講義) 出版:講談社 著:池谷裕二 p.37 (via poochin)
from Tumblr http://ift.tt/1JcjxGk
via IFTTT