チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"移動の際、かなり気になってしまうのが、コンピューターのキーボードを叩(たた)く音。フライトで隣り合った人は、パーカッショニストが変拍子の超絶ソロをとっているくらい、速く激しくタイプしていた。お見事。キー..."

移動の際、かなり気になってしまうのが、コンピューターのキーボードを叩(たた)く音。フライトで隣り合った人は、パーカッショニストが変拍子の超絶ソロをとっているくらい、速く激しくタイプしていた。お見事。キーボードが機関銃だったら、ターゲットは完全に蜂の巣になっているはず。

 リターンキーを打つ時は「どうだ!」といわんばかりの、大きなアクションまで伴っている。バチーンという音があたりに響く。おそらくご本人は無意識であるからして、静かに叩いてくださいとも言えないのが、困ったもの。

 ピアノでいえば、鍵盤を上からでなく、優しく押さえるアフタータッチというものがあるので、そちらをおススメしたい。でも「メロディーを弾くようにお願いします」と言うのも変だし、キーボードからドレミが出てきたら、さらに事態はややこしくなるだろう。



- (プロムナード)雑音をめぐる話 山中千尋  :日本経済新聞 (via kikuzu)
from Tumblr http://ift.tt/1IfjS53
via IFTTT