チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"太宰 治     死のうと思っていた。 今年の正月、よそから着物一反もらった。 お年玉としてである。 着物の布地は麻であった。 鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。 これは夏に着る着物であろう。   夏..."

f:id:Saitoh:20150602040326p:plain “太宰 治
 
 
死のうと思っていた。
今年の正月、よそから着物一反もらった。
お年玉としてである。
着物の布地は麻であった。
鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。
これは夏に着る着物であろう。
 
夏まで生きていようと思った。”

- http://ift.tt/189HBbe (via sokai) (via toratorazero) (via ultramarine) (via iori) (via mashiro, suicide) (via gkojax-text) (via paralell2) (via yukko) (via futureisfailed) (via k32ru)
from Tumblr http://ift.tt/1JeYcvx
via IFTTT