チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"「たとえ、私がどんなに知性的な人工生命をコンピュータの中で作ったとしても、  誰もそれを「生命」だとは受け容れてはくれないだろう。  だが、私の人工生命たちが、コンピュータネットワークという海に流れ出..."

f:id:Saitoh:20150601234756p:plain

「たとえ、私がどんなに知性的な人工生命をコンピュータの中で作ったとしても、
 誰もそれを「生命」だとは受け容れてはくれないだろう。

 だが、私の人工生命たちが、コンピュータネットワークという海に流れ出し、
 彼等が、人間という外敵から生き延びるために進化し続けた結果、
 人間と対等に戦えるようになったとき・・・・
 そして、人間が、―空気中の細菌同様に―
 ネットワークから人工生命を撲滅することが、もはや不可能だと悟ったとき・・・

 人間は、初めて彼らを「生命」だと認めるだろう。
 私の夢は、そのようなコンピュータウィルスを作り上げ、世界にばらまくことである」



-

あるコンピュータウィルス作成者の言葉 (via murlbt) (via iterwtt) (via iterwtt) (via tobyluigi) (via msnr)

プロジェクト2501・・・

(via bardiche-side-b, iterwtt-deactivated20110922)

(via gkojax-text)

(via isobengal)

(via k32ru)

(via yousing)

(via nagisato)


from Tumblr http://ift.tt/1AIK5vy
via IFTTT