チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

slowleaner:福島のヒッピー集落 「漠原人村」...



slowleaner:

福島のヒッピー集落 「漠原人村」 [スポット]

福島県‎双葉郡‎川内村‎下川内‎”バク”に位置するヒッピーコミューン。漠原人村(ばくげんじんむら)。

川内村より399号線を小川町方面へ進み、左手(戸渡川方向)に見つかる”漠林道”から山中へ入る。4WDでやっと走破可能な高低差のある林道を数キロ進むと、終点に集落がある。

1970年代に新天地を求めて福島に渡った移住者グループ「ぐるーぷ・もぐら」は、川内村の”野地”に農業共同体を形成していた。

1977年に共同体が解散。マサイ氏を中心に数名のメンバーとその家族が、廃村を開墾して住みついた場所が「漠原人村」。

現在はマサイ氏、アオキ氏の2世帯が定住し、不定期にバックパッカーやウーフ(農業を手伝いながらヒッピー集落を渡り住むライフスタイル)が訪れる。

8月の満月の週には「満月祭」という祭りがあり、全国から1000人近い自然回帰主義者、個人主義者、平和主義者、放浪者が集まり、1週間から10日ほど集団でキャンプ生活を行い、巨大なコミューンを形成する。

「満月際」は基本的に音楽フェスティバルの形式だが、自由な場所で自由な時間に演奏、出店、キャンプする事が認められている。

厳密な”決まり”は無く、集まった人々が数日間同じ場所で暮らす事により自然に発生する”自治ルール”にすべてがゆだねられている。

祭りの期間中は、”地域通貨 チャラ”が発行され、物々交換も可能。

 「漠原人村」で検索すると、この集落の興味深いレポートが複数見つかる。


from Tumblr http://ift.tt/1OwmqC4
via IFTTT