チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"「『誰でも閲覧できるということは、誰でも知っているってことだから、そんな情報に価値は無いんじゃないの?」 と思われる方も多いと思います。..."

「『誰でも閲覧できるということは、誰でも知っているってことだから、そんな情報に価値は無いんじゃないの?」 と思われる方も多いと思います。

ところが、最も中身の濃い開示資料である有価証券報告書等は、誰でも閲覧できるにも関わらず、ほとんど誰も読んでない可能性が高そうなんですね、これが。



- isologue - by 磯崎哲也事務所 (via etoman) (via do-nothing) (via petapeta) (via yaruo) (via gkojay) (via gkojax) (via lovecake) (via sakimura) (via cubeon) (via valvallow) (via kunigaku)
from Tumblr http://ift.tt/1GcL3QZ
via IFTTT