チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"受け入れるとは「好感を持って相手を受け入れる」ことではなく「ああ、あの人はそう考えるのだ」と、感情を交えずに受け止めることなのです。 例えば、人に暴力をふるう人がいたとしたら、その行為の善し悪しや好き..."

受け入れるとは「好感を持って相手を受け入れる」ことではなく「ああ、あの人はそう考えるのだ」と、感情を交えずに受け止めることなのです。

例えば、人に暴力をふるう人がいたとしたら、その行為の善し悪しや好き嫌いはまず脇に置き、「この人は、人に暴力をふるいたい人なのだ」と受け止めること。受け入れるとはそういうことです。このプロセスで感情的になってはいけません。この点は誤解のないように注意して下さい。



- 部下をやる気にさせて育てる指導術:部下を育てるキモ「受け入れて、認める」を実践するための3つのQ&A (1/4) - ITmedia Biz.ID (via milkcocoa) (via otsune) (via quote-over100notes-jp) (via mokn12) (via lidentity) (via mug-g) (via peckori) (via coconuts07) (via itokz) (via maronchantilly) (via hiyamasan)
from Tumblr http://ift.tt/1MYuz0s
via IFTTT