チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

" とある目的があって、会社で USBメモリ..."

f:id:Saitoh:20150304172719p:plain

とある目的があって、会社で USBメモリ 500個を購入した。激安のやつ。 そしたらこれがひどいしろもんで、書きこんだファイルが読むたびにランダムな内容に変わる。 エラーも出さずに。しかもそんな個体が 5〜6個に1個の割合である。すげえ。 これ、一応ちゃんとパッケージに入ってる商品なんだよ。調べてみると、 USBメモリの品質ってのはかなりメーカーによってまちまちで、 しかも統一した品質基準が確立されてないようだ。それにしても、普通は エラー検査ぐらいするだろうに、と思っていた新山の常識は今回みごとにうち破られた。 いや、貴重な体験でした。安物買いの銭失いとはこうゆうことだ。 (しかし、商品選定をしたのはオレじゃないぞ)

(追記) メーカー保証期間の長さで信頼度を見積もるという方法。 USBメモリには1年保証のやつと、3年、5年、10年保証というのもある。



- 2011年6月 (via fmfy)
from Tumblr http://ift.tt/1zXjSmJ
via IFTTT