チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"彼が本当に描きたかったものとは何なんだろうか? 僕が見たところ、確かにイラク戦争への批判、アメリカ批判、人種問題そしてパレスチナの問題など、様々に描かれている。..."

f:id:Saitoh:20150220231312p:plain

彼が本当に描きたかったものとは何なんだろうか?

僕が見たところ、確かにイラク戦争への批判、アメリカ批判、人種問題そしてパレスチナの問題など、様々に描かれている。

しかし、本当に彼が描きたいものとは、「価値観の多様性、正義の不在」であると思う。

彼は恋愛、裁判、政策、様々な点で、「自分の信じることが決して正しくない」のだといいます。

それはわずかな経験や話、視野によってのみ形成されているものであると。

アメリカがイラクを自由にしてやるということ、イスラム原理主義が、聖戦として他を救おうとすることは、おせっかいに過ぎない。

なぜならそれは彼らの正義は僕らの正義ではないからである。

それは民主主義にしてもそう。

自由にしてもそう。

恋愛の相手にしてもそうなのです。

そして時に自分にとっての悪が実は大きな正義であることを知る。

ラースはぐさりと真実を突きつけます。



-

ラース哲学 - ユーザーレビュー - マンダレイ - 作品 - Yahoo!映画

http://goo.gl/xXoOao

(via vivalavida1992)


from Tumblr http://ift.tt/1F2Kfeg
via IFTTT