チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"“K教授はもう少しアカデミックに、確率論と統計学の違いについて説明した。彼の答えは「統計学はギャンブラーのためのもので、確率論はカジノの設計者のためのものだ」という簡潔なものであった。これはなかなか上手..."

f:id:Saitoh:20141215005603p:plain ““K教授はもう少しアカデミックに、
確率論と統計学の違いについて説明した。彼の答えは
「統計学はギャンブラーのためのもので、
確率論はカジノの設計者のためのものだ」

という簡潔なものであった。
これはなかなか上手い説明だと思う。
すなわち、統計学とは、真実が分からない中で
利用可能な情報からどうそれを解明するかを研究する学問で、
確率論とは所与の数学構造の系として性質を導く学問である。
この二つの分野は、数学的手法という意味ではほぼ同じものを
使っているが目的意識にはかなり大きな隔たりがあるように思う。”

- 確率と統計、数学と科学 - 統計学+ε: 米国留学・研究生活 (via hageatama)

- “K教授はもう少しアカデミックに、確率論と統計学の違いについて説明した。彼の答えは「統計学はギャンブラーのためのもので、確率論はカジノの設計者のためのものだ」という簡潔なものであった。これはなかなか上手い…” (via ntrs)
from Tumblr http://ift.tt/1wvPMao
via IFTTT