チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"教える仕事をしていると、基礎がものすごく大事なんだと解る。 一番しんどいけど、一番重要。基礎ができていない人は応用力がない。基礎をおろそかにする人は、やっつけで前に進めるが、進歩が遅い。 まさか自分が教..."

f:id:Saitoh:20141116071213p:plain

教える仕事をしていると、基礎がものすごく大事なんだと解る。
一番しんどいけど、一番重要。基礎ができていない人は応用力がない。基礎をおろそかにする人は、やっつけで前に進めるが、進歩が遅い。
まさか自分が教える仕事をするようになるとは全く思っていなかったが、教えてみるといろいろなことに気付かされる。

なので、教える人は言うんです。
「基礎が大切です。」

ところが、習う人はそうではない。
「基礎よりも、実際にやってみたい」
「やってみてから基礎を覚えればよい」

まあ、それも一理あるんでしょうが、癖がつくと、抜けるのが難しいですからね。

「プロになるんじゃないし」

そのとおり、この言葉が葵の御紋のようなものだ。それ以上発展しません。と言っている人にどう教えるかはとても悩むところ。

弊社ではパソコン教室のほかに、最近、お絵かき教室も始めた。併設、というよりは弊社の生徒さんがほかの生徒さんに教える形だ。

教えている生徒さんは学校の先生だったこともあり、「基礎基礎」と仰る。

そして、今日、教えられている生徒さんが言った。

「わたしたち、先も短いんだし、プロになるんじゃないから、もっとちゃちゃちゃと出来るものをやりたい。デッサンとかつまんないからヤダ。カルチャーセンターだったら、もっと簡単にいろいろなことをやらせてくれるのに」

そうだよなあ。
先も短いし、プロになるわけでもない。
じゃあ、なんで習うんだろう?それっぽいことが、簡単に、したいから?

パソコン教室の生徒さんも言う。
「先生たちは若いから基礎からやった方がいいかもしれないけど、僕たちはもう先が短いんだから、インターネットだけできればいいわけ。」

「どうせ死ぬんだから、難しいことしたくないし」と言われてしまうと、「どうせ死ぬんだから、今すぐ死ぬって選択肢もありだなあ」と思いつつ、彼らの欲望を満たさなくてはいけない。

#どうせ死ぬのに、って考え方が好きではない。私だってどうせ死ぬ。誰だって死ぬ。だからこそ、限られた命を精一杯生きて、使命を全うするのが個人の役目だと思うんだけどなあ。死ぬまでの人生計画をきちんと立てておこうと思う今日この頃。

多くのシニア層は、もちろんシニア層だけではなく、若者も、本格なんて求めていない。
絶望先生に「はぐれ刑事本格派」というキャラクターがいて、本格的すぎてはぐれちゃうんですが、蕎麦打ちセットが売れているのも、本格「っぽい」のがいいんだろう。本当に本格的な人なんて、あんまりいない。

できた感じ、出来る感じ、成長している感じ、成果物が見える感じ、そういうものがシニア層対象のビジネスに必要な雰囲気なんだと思う。



- 使いやすさを考えてみる。(アクティブシニア・シルバー層の現場から): 本格派 (via petapeta) (via gkojay) (via kinoko69244) (via rurinacci) (via rcxtester) (via ibi-s) (via deli-hell-me) (via yukiminagawa) (via poochin) (via itokonnyaku) (via atehaka) (via kiri2) (via yukio) (via sakaue) (via layer13)
from Tumblr http://ift.tt/1uq8Pn6
via IFTTT