チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

" ル ポ 貧困大国アメリカ II..."

f:id:Saitoh:20141027072014p:plain

図書館で借りてきて読んだ。Ⅰが貸し出し中だったのでいきなりⅡから。

アメリカに比べればまだ日本なんかマシだな、と思ってしまう内容。最悪なアメリカ人の人生をこの本の情報を元に書くとこんな感じ。

  1. 高校生になって「このまま高卒じゃ単純労働の仕事しか無いじゃん」と大学進学を決意
  2. だけど親が学資を貯めてるとかありえない(アメリカ人は貯蓄しない)。学資ローン借りるか
  3. 借りて無事大学進学。だけど大学の授業料が在学中に上げられていく。学資ローンの金利も勝手に上げられていく
  4. 授業料安い大学に転校するか。でも大学側は転校に必要な資料を提出してくれない(転校されたらお金が入ってこなくなるから)。学資ローンを金利が 安いヤツに借り替えようとするが、学資ローンに関しては法律で借り換えができない。そしてなんと、学資ローンは自己破産の適用もされない(借りたら最後、 返すまでずっと借金背負わされたまま)
  5. 大学卒業頃には借金まみれ。借金の多さを理由に就職できず。
  6. お金が無くなって住む場所もなくなり、ホームレス生活
  7. ホームレスは法律違反(一部地域)、と言うことで刑務所行き。
  8. 刑務所も民営化で有料。1日10ドル取られて、生活必需品も有料。それに対して刑務所労働の賃金は超低賃金。払えるわけも無く、ますます借金膨ら む。
  9. 出所した頃には刑務所時代の借金+学資ローンの借金がますます増えててまたホームレス生活
  10. 3回刑務所に入ると「スリーストライク法」で自動的に終身刑。一生刑務所の中で低賃金重労働。まさに奴隷人生。

てな感じ。特に問題だと感じたのは

  • 社会に疎い学生時代に自己破産の適用外となる学資ローンを組まされること。しかも借り換え不可で金利も勝手に上げられる
  • 刑務所の囚人=低賃金で働かせることができる労働者。変な話、企業としては囚人が増えれば増えるほど安い労働力を国内で確保できると言うことで、 テロ対策を名目にどんどん法律厳しくして犯罪者増やして刑務所に放り込んでる。

この本を読んで思ったのは、アメリカでは奴隷制度が復活している、ってこと。現在の奴隷とは、借金と言う足輪をとにかく隙あらば嵌めさせて、一旦嵌 めさせたらもう一生二度と外れないようにして働かせる。





- アメリカの新奴隷制度 : web-g.org (via kogumarecord) (via fukumatsu) (via ipodstyle) (via makototz) (via atorioum) (via budda) (via wideangle) (via himatbshiz)

これを『モーゲージ』って言います。死ぬまで背負わされる負債です。


from Tumblr http://130saitoh.tumblr.com/post/101031883418
via IFTTT