チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"バブル崩壊で、結局のところ、つまらないことで話がまとまるわけです。つまり、どんな広告を作るよりも安いものが売れたりするわけです。そのときに広告って意味がない。さらに言うと、安くするって、そこにすごい工夫..."

f:id:Saitoh:20141011061325p:plain “バブル崩壊で、結局のところ、つまらないことで話がまとまるわけです。つまり、どんな広告を作るよりも安いものが売れたりするわけです。そのときに広告って意味がない。さらに言うと、安くするって、そこにすごい工夫があるわけではなく、誰でもできることです。広告が“安い”に負ける時代を迎え、あ、これはもうあかんな、というのがあって、一から鍛え直していきましょうというのが、次の仕事だった。これは長い物語になるんですけどね。”

- ある広告人の告白(あるいは愚痴かもね): 糸井重里さんの重さ (via suyhnc) (via tiga, uqa) (via gkojay)
from Tumblr http://ift.tt/1snPZgr
via IFTTT