チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

drhaniwa: 知ってますか?遺言書の封筒にちょっとしたメモを添えるとご家族助かるかもしれないことを。封筒の裏面にメモしてあ...

f:id:Saitoh:20170624225006j:plain

drhaniwa:

知ってますか?遺言書の封筒にちょっとしたメモを添えるとご家族助かるかもしれないことを。

封筒の裏面にメモしてあげると親切な一文があります。

その一文とは・・・

「本遺言書は家庭裁判所にて開封する手続きを取ること」

なぜ、こんなことを書いたほうがいいかと言うと、民法で遺言書の開封は家庭裁判所で行うことが義務づけられているからです。

民法の第1004条に「遺言書の検認」の条文があります。
その第3項に記載があります。

(遺言書の検認)
第千四条  遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。
2  前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。
3  封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない。

こういったことを知ってる人はなかなかいないと思います。
遺族や相続人もそうでしょう。
ですから、知らせてあげるのです。

もし、遺族や相続人が封印のある遺言書を家庭裁判所外で開封してしまうと、「5万円以下の過料」に処されます。


from Tumblr http://ift.tt/2t6ADDS
via IFTTT