チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"小学5年だった頃のお話。 この頃になるとやっぱり、エロい事に興味津々なわけで、 エロ本はクラスの男子で回し読みしたりしたもんです。 ただ、漏れらエロガキにとってはエロ本は超貴重品でした。 ド田舎だっ..."

f:id:Saitoh:20151009080605p:plain

小学5年だった頃のお話。
この頃になるとやっぱり、エロい事に興味津々なわけで、
エロ本はクラスの男子で回し読みしたりしたもんです。

ただ、漏れらエロガキにとってはエロ本は超貴重品でした。

ド田舎だったこともあって、道端や川辺などに落ちてることなど殆どなく、
本屋は隣町に一軒のみ、しかも店番が高校生っぽいおねぇさんであり、
当時はシャイだったエロガキにレジに出すことなど無理でした。

だが、なんとかエロ本を買いたいエロガキ達の執念は、あるスキを見つけ出します。
店番のおねぇさんがたまに休憩の為5分ほど席を外し、70過ぎの店主と思われる
ヨボヨボのばあさんが店番に立つところを知りました。
エロガキは見事、夢のエロ本を買うことに成功します。
数時間に一回訪れる一瞬の刹那。エロガキ達はこれを「ババアチャンス」と名づけ
以後、エロ環境は急速に改善されます。

さらにエロい妄想はとどまることを知らず、7時閉店(田舎なので)の直前に、
おねぇさんが先に帰り、ばあさんが店じまいをすることも発見し、
おねぇさんの休憩時間を待つことなく、確実にGETできる時間帯として
「ファイナルババアチャンス」と命名されました。

以後、この2つの偉大なる発見は、その名前とともに某S小学校高学年の
男子の間で代々受け継がれていくこととなったのです。

めでたしめでたし



- やる夫でコピペ 75スレ目
http://ift.tt/1QeVtUu (via 46187)

from Tumblr http://ift.tt/1MifWH8
via IFTTT