チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"鬼頭氏はスクラップしている1974年のある新聞記事を見せてくれた。「人口ゼロ成長をめざせ。子供は2人が限度」。そんな大きな見出しが書かれた記事には、同年の「人口白書」による、「人口増加への警告」を報じて..."

f:id:Saitoh:20150930115804p:plain

鬼頭氏はスクラップしている1974年のある新聞記事を見せてくれた。「人口ゼロ成長をめざせ。子供は2人が限度」。そんな大きな見出しが書かれた記事には、同年の「人口白書」による、「人口増加への警告」を報じている。もちろん誤植ではない。わずか30年ちょっと前には、人口減少ではなく、人口増加に国が警鐘を鳴らしているのだ。

「つまり今問題になっている少子化は、日本で人口増加が起こっていた60~70年代、世界の人口爆発と、食料・資源問題などを解決するため、政府主導で始まったものなんですね。しかもこの1974年の『人口白書』が提唱した『2011年までに人口減少に転じる』という推計は、6年も前倒しで2005年にはほぼ実現してしまった」

 つまり、この皮肉な「実績」を見る限り、日本の人口は、政府主導のコントロールが不可能ではないのだ。



- その5 出生率増加に足りないものは? | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト (via gkojax)
from Tumblr http://ift.tt/1LNWFNC
via IFTTT