チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

toukubo: もっとも価値のあるなぜ。最も価値のある問い、ないしは最も意味のある問い、最も僕にはしっくり来る、「なぜ?」という言葉の指し示すものを言い換えることが出来たのだが、それは人間にはほとん...

f:id:Saitoh:20150926102349p:plain

toukubo:

もっとも価値のあるなぜ。最も価値のある問い、ないしは最も意味のある問い、最も僕にはしっくり来る、「なぜ?」という言葉の指し示すものを言い換えることが出来たのだが、それは人間にはほとんど理解できない。

それは「それに関連する現在のランタイムグラフが知りたい」だ。哲学も論理学も科学も経済学も言語学も、ここにくるまで、ランタイムグラフを知らなかった。なぜというと「原因(ある事柄についてワンホップの因果関係の原因側)」か「結果(同じくワンホップで、結果側)」だった。これをシンプルに答えるのが賢いみたいなことに見えるか、あるいは「嘘をついて」グラフを荒く見せて比喩で表現するのが賢かった。でも本当に何十倍も効果がある答えは、それにまつわるメカニズム(ランタイムグラフ)だ。


なぜという言葉が大事ということをいうけどもうやめた方がいい。なぜはもうワークしない。「良い言葉、良い問いにすることができれば問題は溶けたようなもの」であるが、実際には人間の言葉は複雑な問題やイノベーションのようなものを解くための言葉ではない。詩人がかろうじてそういう言葉を持っている位だ。

人工知能の発明の根拠にあるような表記方法とかを言葉や文法、文章というものが持ちえるならそれは可能になると思う。おそらく不可能だろう。


from Tumblr http://ift.tt/1FnpXS5
via IFTTT