チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"マツダがやっている何か異常なことに、トヨタが気が付いたらしい。提携に先駆けてトヨタの豊田章男社長自らがマツダを視察に来たことを指して、あるマツダマンはそう言った。「数年前までトヨタにとってマツダの存在な..."

f:id:Saitoh:20150924115900p:plain

マツダがやっている何か異常なことに、トヨタが気が付いたらしい。提携に先駆けてトヨタ豊田章男社長自らがマツダを視察に来たことを指して、あるマツダマンはそう言った。「数年前までトヨタにとってマツダの存在なんて無いも同然だったんですけどね」。
 何かに気が付いたことはさすがトヨタだと思う反面、マツダと同じことがトヨタにできるとは思えない。トヨタの戦略はいつも科学的で効率的だ。スマートなエクセレントカンパニー。それが彼らのプライドの持ち方だと思う。しかし、マツダの設計者は技術説明会場で、自分が設計したトランスミッションの前で四つん這いになって、ここがあそこがと呆れるほどに熱心に自分の設計がどう笑顔につながるのかを説明し続けた。トヨタにこんな人がいるのだろうか?
 そういうクルマバカみたいな人は、業界全体に減っている。いい大学を出て、エリートの就職先として霞ヶ関やメガバンクと比較しながら自動車メーカーに就職する。クルマに興味がなく、運転免許すら持っていないという人がクルマ作りの内側にいることにもはやいちいち驚かなくなった。”

- 「常識が通じない」マツダの世界戦略 (ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース (via 719043)
from Tumblr http://ift.tt/1LP4aQ7
via IFTTT