チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"第二の、憲法解釈については、倉山満先生らが強調している通りで、日本政府は、限定的な集団的自衛権の行使をこれまで認めてきたのだが、昭和47年に内閣法制局が一方的に「行使を禁止」してしまった。それを安倍政権..."

f:id:Saitoh:20150922122856p:plain

第二の、憲法解釈については、倉山満先生らが強調している通りで、日本政府は、限定的な集団的自衛権の行使をこれまで認めてきたのだが、昭和47年に内閣法制局が一方的に「行使を禁止」してしまった。それを安倍政権は再び、行使できるよう解釈をもとに戻しただけだ。
 これをあたかも、安倍政権がこれまでの憲法解釈を覆したかのように主張するから、おかしなことになっているだけだ。

内閣法制局は戦後、現行憲法下でも集団的自衛権の解釈をころころ変えてきているが、基本的には、行使を容認してきた。日米安保条約に基づいて日本国内に米軍基地の設置を認めること自体が、集団的自衛権の行使にあたる。ところが、昭和47年に内閣法制局は、国際法を無視して、集団的自衛権の行使を禁止してしまったことから、話がおかしくなったのだ。よって、昭和47年の内閣法制局の見解は間違いであり、本来の解釈に戻しただけだ」

 こうはっきりと言っておけば、誤解を招かなくても済んだのだ。

 安倍政権が、内閣法制局に対して妙な気兼ねをしてしまったことから、国民に妙な誤解を与えてしまったのだ。

 官僚依存の政治が、国民に無用な不審感を抱かせてしまったケースとして、今回の集団的自衛権の解釈問題は、語り継がれるべきであろう。



- 江崎 道朗 - 〇デモに参加した若者の「疑問」… (via gkojax)
from Tumblr http://ift.tt/1L21ST6
via IFTTT