チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"大学のサークルの先輩が旦那。サークル棟の前で看板しょって勧誘してる男性がいて、その人からチラシを貰った瞬間、かすかにすっごくいいにおいがした。え、なにこれ!?って思わず足を止めたら、その男性が怒濤の勧誘..."

f:id:Saitoh:20150831073211p:plain “大学のサークルの先輩が旦那。
サークル棟の前で看板しょって勧誘してる男性がいて、
その人からチラシを貰った瞬間、かすかにすっごくいいにおいがした。
え、なにこれ!?って思わず足を止めたら、その男性が怒濤の勧誘トーク。
勧誘トークを全部聞き流して(なにこれ、いいにおいすぎる…)と発生源を探していた。
生返事してるうちに、サークルに入る流れになっていて、流されるまま入部届を提出。

サークルに入ってからも、時々ふっと例のいいにおいがする。
密かにくんかくんかした結果、サークルに勧誘してきた男性が発生源。
近くにいると、かすかにするいいにおい。
たまらん…と、隙あらばその男性の近くにいって、こっそりくんかくんか。

そうやって一年過ごすうちに、男性とよく話すようになっていて(しょっちゅう近くにいれば当たり前)
ついには男性から告白された。付き合ったらくんかくんかし放題!と思って即オッケー。

付き合ってみると色々と相性バッチリで、一緒にいて元気が出るようないい人。
そのまま付き合い続けて結婚した。
なお、いいにおいの正体は、男性の体臭。(こう書くと臭そうだけど、いいにおいだよ!)
最近、体臭を心地よく感じる相手は遺伝子レベルで相性がいいと聞いたけど、
ひょっとしてこれがその実例なのかなと思った。”

- いいにおい - 続・妄想的日常 (via darylfranz)
from Tumblr http://ift.tt/1JqE31o
via IFTTT