チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"「個性的なお店」に行きたがるお客というのはたいがいが「個性的なお客」である。それもオブラートに包んでいえば。 それらの客は要は変わり者、つまりは変人である。あるいは変人でなければ美大生である。何をか言..."

f:id:Saitoh:20150801061850p:plain

「個性的なお店」に行きたがるお客というのはたいがいが「個性的なお客」である。それもオブラートに包んでいえば。

それらの客は要は変わり者、つまりは変人である。あるいは変人でなければ美大生である。何をか言わんやその両方を兼ね備えたものである。

そんな変人と美大生が毎年供給されるような土地はさらにそうそうあるものではない。

それも、東京かそれとも京都か、くらいのものだ。



- 恵文社とガケ書房が「生き残る書店」のお手本ではない3つの理由 - こころ世代のテンノーゲーム (via otsune)
from Tumblr http://ift.tt/1I8fFmu
via IFTTT