チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"マルクスはあるべき賃金として、 1.ひと月の生計を営める生活費 2.技術革新に対応するための学習費 3.リフレッシュするための遊興費 4.子供を産み育るための教育費 の4要素を含んだ賃金が支払われてこそ..."

f:id:Saitoh:20150723071817p:plain “マルクスはあるべき賃金として、
1.ひと月の生計を営める生活費
2.技術革新に対応するための学習費
3.リフレッシュするための遊興費
4.子供を産み育るための教育費
の4要素を含んだ賃金が支払われてこそ資本主義は持続可能であるとした これをみれば日本の問の大本が実によく分かる”

- Twitter / mustang_transam (via yellowblog)
from Tumblr http://ift.tt/1SCV0Kc
via IFTTT