チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"欧米における乾杯は「○○に捧げる」と唱えて行われることが多い。乾杯を捧げる対象は複数でもよく、真面目なものとユーモラスなものが織り交ぜられることもある。..."

“欧米における乾杯は「○○に捧げる」と唱えて行われることが多い。乾杯を捧げる対象は複数でもよく、真面目なものとユーモラスなものが織り交ぜられることもある。 日本ではあまり行われていないが、乾杯する時に、相手や同席する人の目を見るのがマナーである。
乾杯が行われるようになった由来は諸説ある。
中世ヨーロッパにて、酒の席での毒殺が横行していたため、盃をお互いに飲み干すことで毒物が入っていないことを示した
強い衝撃でお互いの酒をお互いのグラスに飛ばしあい毒が入っていないことを証明しあう
古代ギリシャにて、酒の中に宿っている悪魔を追い払うために、悪魔はガラスがぶつかる音が苦手とされていたのでグラスを会わせて音を立てた
なお、イタリアのマフィアに自分達の血を赤ワインに混ぜ、乾杯する儀式がある。 また、中世ヨーロッパではグラスを打ち合わせることはしなかったが、1552年にフランソワ・ラブレーがふざけて打ち鳴らしたことから広まった [3]”

- 乾杯 - Wikipedia (via 2011-11)
from Tumblr http://ift.tt/1H3XvTO
via IFTTT