チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"私アメリカにいるとき、アメリカの会社で働いてまして。社員同士の評価というのをやらされたことがあるんです。アメリカ人がアメリカ人を評価すると、実績にかかわらず 5 でした。 ところが、評価が異常に辛い(..."

私アメリカにいるとき、アメリカの会社で働いてまして。社員同士の評価というのをやらされたことがあるんです。アメリカ人がアメリカ人を評価すると、実績にかかわらず 5 でした。

ところが、評価が異常に辛い(平均を5点満点で3点にしている)集団があり調べてみると日本人社員でした。

アメリカ人は子供のころからお互いほめあっているので、評価が高めにでてしまうんですが、日本人はなんとなし「普通に働いてたらそりゃ3でしょ?」というのがあって3付近に評価が偏るようで。

で、その後のリストラでは、この評価がもとになって人選されたせいで、大量の日本人が解雇されました。みんな会社をささえてたエンジニアだったんですが。

で、一流どこのエンジニアを失った会社はその後つぶれました。



- デジモノに埋もれる日々: YouTubeの☆評価のお話と、評価という「システムデザイン」のお話 (via gkojax, rpm99) (via bbk0524) (via daizydaizy) (via nashi-kyo)
from Tumblr http://ift.tt/1Gn7FNP
via IFTTT