チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"呉の武将の張温は、巨大な弩を用いて船の艪を射って、遠く離れた魏の軍勢を攻撃した。魏の軍勢は敵が見えないのに攻撃されるため、これを「弩艪温」(どろおん)と呼んで恐れたという。なお、現代のドローンが弩艪音に..."

f:id:Saitoh:20150424072032p:plain “呉の武将の張温は、巨大な弩を用いて船の艪を射って、遠く離れた魏の軍勢を攻撃した。魏の軍勢は敵が見えないのに攻撃されるため、これを「弩艪温」(どろおん)と呼んで恐れたという。なお、現代のドローンが弩艪音に由来することはあまりにも有名である。(民明書房刊『古代中国の航空技術』より)”

- Fumiaki NishiharaさんはTwitterを使っています: “呉の武将の張温は、巨大な弩を用いて船の艪を射って、遠く離れた魏の軍勢を攻撃した。魏の軍勢は敵が見えないのに攻撃されるため、これを「弩艪温」(どろおん)と呼んで恐れたという。なお、現代のドローンが弩艪音に由来することはあまりにも有名である。(民明書房刊『古代中国の航空技術』より)” (via sukoyaka)
from Tumblr http://ift.tt/1Htf8NP
via IFTTT