チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"政府が最大3兆円規模の補正検討  キタ━━(°∀°)━━!! 景気下支えと財政規律の両立狙う 12月9日(ブルームバーグ): 消費増税後の景気..."

f:id:Saitoh:20141209210710p:plain

政府が最大3兆円規模の補正検討

 キタ━━(°∀°)━━!!


景気下支えと財政規律の両立狙う


12月9日(ブルームバーグ):

消費増税後の景気 腰折れを回避するための経済対策を盛り込んだ2014年度補正予算案を、

政府が最大3兆円規模で検討していることが分かった。

財源は今年度税収の上振れ分などで確保し、

赤字国債の発行は見送る方針。

複数の政府関係者がブルームバーグ・ニュースに明らかにした。


同関係者によると、経済対策は個人消費に足踏みがみられることから、
消費を喚起し、エネルギー価格の高止まりに配慮、

自治体の判断で使える交付金を創設し、
地域ごとに低所得者を対象にした商品券の配布や灯油代金の補助などを行う施策が柱となる。


今年度の税収は当初50兆円が見込まれていたが、

同関係者によると、

企業収益が好調なことから

法人税や所得税などを中心に

1兆円超上回る見通しで、


補正予算の財源はこれに加え

既定経費の節減などで捻出する。

政府は来年度は基礎的財政収支の赤字半減目標を掲げていることから、
補正の規模は、支出が来年度に繰り越されても赤字拡大につながらない範囲にとどめるという。


安倍晋三首相は衆院解散を表明した11月18日、

経済財政諮問会議で地方の活性化などに重点を置いた
経済対策の策定に向けた準備を進めるよう指示、

その後の記者会見で消費増税延期のための法案や
経済対策のための補正予算案を来年の通常国会に提出する方針を表明していた。

images


ソース: http://ift.tt/1zHOnOr



- 政府が最大3兆円規模の補正検討 キタ━━(°∀°)━━!!景気下支えと財政規律の両立狙う。財源は今年度税収の上振れ分などで確保 (via hizayamasan)
from Tumblr http://ift.tt/1AaAGaS
via IFTTT