チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"某家の家臣が、主人に手討ちにされることになった。主人に対して重い罪を犯したというのではないが、その家臣を斬らなければ義の立たない事情があったのである。  家臣は憤って言った。 「さしたる罪もない私を、手..."

f:id:Saitoh:20141208072709p:plain

某家の家臣が、主人に手討ちにされることになった。主人に対して重い罪を犯したというのではないが、その家臣を斬らなければ義の立たない事情があったのである。
 家臣は憤って言った。
「さしたる罪もない私を、手討ちになさるとは怨めしい。死後に祟りをなして、必ずや取り殺してみせましょう」
 主人は笑った。
「おまえごときが祟りをなして、わしを殺せるものか」
 家臣はいよいよ怒った。
「見ておれ。きっと取り殺してやる」
 主人はまた笑った。
「わしをとり殺すと言うが、そんなことが出来る証拠があるのか。あるなら今、わしの目に見せてみろ。おまえの首を刎ねたとき、首を飛ばせて庭石に噛みつけ。それを見たら、確かに祟りをなす証拠としよう」

 主人が首を刎ねると、ほんとうに首が飛んで、石に噛みついた。
 しかし、後になんの祟りもなかった。そのことを人に尋ねられて、主人はこう答えた。
「あの者は最初、祟りをなしてわしを殺そうと、ひたすら念じていた。しかし後には、石に噛みついて証拠を見せようという一念ばかりが強くなり、そのため祟りをなすことを忘れて死んでしまった。だから祟りがないのだよ」



-

『世事百談』巻之三より、「首を飛ばせて石を噛め」(奇談)

この話は好きなんだよなー

(via hirai)

(via petapeta)

(via yaruo)

(via 719043, notimetosee) (via otsune) (via medtoolz)

(via danbora) (via naimononedari) (via kotoripiyopiyo) (via nine009) (via taku007) (via n-koba) (via ayu-me)
from Tumblr http://ift.tt/1vtUWQr
via IFTTT