チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"社員の時間を食いつぶす原因は電子メールと会議だと長く疑われてきたが、社員の電子メールのヘッダーとネット上で共有するカレンダーを分析する新たなテクニックが、どの作業グループが社員の時間を最も使わせているか..."

f:id:Saitoh:20141206225756p:plain

社員の時間を食いつぶす原因は電子メールと会議だと長く疑われてきたが、社員の電子メールのヘッダーとネット上で共有するカレンダーを分析する新たなテクニックが、どの作業グループが社員の時間を最も使わせているかを正確に特定する助けとなっている。

 その結果は、経営者にとってちょっとした驚きのはず、と話すのはジョアン・モツィンガー氏だ。カリフォルニア州に本社を置くシーゲート・テクノロジーでグローバルオペレーション戦略担当の副社長を務める同氏は、同社の社員チームによる時間の使い方と共同作業の仕方を調査した。調査を依頼されたのはビッグデータを使って組織実態を解明するシアトルのボロメトリックス。同社が2013年の7600件のシーゲート社員のやり取りや活動を分析したところによると、一部の作業グループは1週間に20時間以上を会議に費やしていた。また、あるコンサルタント会社は3700通近くの電子メールをシーゲートの228人の社員に送り、1年間で8000時間をその対応に費やさせていた。

 シーゲートはその分析結果が分かって以来、会議の数と時間を無駄遣いさせるコンサルタント会社とのやり取りを減らした。モツィンガー氏は「測定可能なものは改善できる」と話す。



- 無駄な会議やメールを撲滅せよ―分析ソフトも登場 - WSJ (via futureisfailed)
from Tumblr http://ift.tt/1ypmQza
via IFTTT