チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"他国の国歌は軍歌として作詞作曲された物がほとんど これは外交儀礼の場で軍楽隊が演奏する事を最優先しているため 一方日本は、江戸時代までそのような習慣が無かったため ..."

f:id:Saitoh:20141002021855p:plain “他国の国歌は軍歌として作詞作曲された物がほとんど
これは外交儀礼の場で軍楽隊が演奏する事を最優先しているため
一方日本は、江戸時代までそのような習慣が無かったため
明治政府樹立時に外交儀礼の場で演奏する曲が無かった
これは外交上失礼なことに当たると、大慌てで国歌を公募する事になった
君が代は、歌詞が平安時代に詠まれた和歌(恋歌)だった物が
明治時代では祝言歌として祝い事の席で親しまれていた
この庶民的な詩に、当初しイギリス公使館護衛隊歩兵大隊の
軍楽隊長ジョン・ウィリアム・フェントンが洋風の曲を作曲したが
英国風の曲調が当時の日本人には受けが悪かった
そこで宮内省式部職雅樂課の伶人奥好義がつけた旋律を元に
一等伶人の林廣守が編曲、それをドイツ人の音楽家であり
海軍軍楽教師フランツ・エッケルトが西洋風和声を付けて今の形となった
他国の国歌と違い、君が代は多くの人の手によって創られているのだ



71: スリーパーホールド(dion軍)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:43:11.27 id:wbGyafKi0.net 君が代は天皇支配の軍国主義のうんちゃらかんちゃらってすりこみしてくる左翼教師のせいで、
洗脳が解けたあともスポーツとか公共行事以外で君が代を聞くと一瞬身構えてしまう奴は多いんじゃないか?




92: エクスプロイダー(岐阜県)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:50:16.40 id:cFwyan2X0.net >現代人の耳には、君が代のメロディーが奇妙に響いても不思議ではない
 
 フェントン : 英国歌風の曲を付ける
 伶人奥好義 : フェントンの曲を参考に雅楽風の曲を作る
 林廣守 : 西洋楽器で演奏しやすいように編曲
 エッケルト : 西洋風の和音を付けてさらに編曲

こんだけ弄ってりゃ、そら不思議曲調にもなるわ、当然、当たり前、常識常識
難しく考えすぎると逆におかしな論調になるぞ


- 【話題】「君が代」がなぜ外国人には不思議な旋律に聞こえるのか : きま速 (via budda)
from Tumblr http://ift.tt/YNGkTz
via IFTTT