チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"Q. 「講義に出てこなくてもいい」とはどういうことですか? A. 大学の講義で教える内容は、高校よりもずっと高度ですので、高校までと全く同じやり方で勉強しても身に付きません。特に、物理や数学のよう..."

f:id:Saitoh:20140824061242p:plain

Q. 「講義に出てこなくてもいい」とはどういうことですか?

A. 大学の講義で教える内容は、高校よりもずっと高度ですので、高校までと全く同じやり方で勉強しても身に付きません。特に、物理や数学のよう に論 理を積み重ねてゆく学問では、わからないのに先に進まれると非常に困るでしょうし、反対に、わかったのにまだ説明が続くのもイライラします。そして、どの 辺りで時間がかかるかは、一人一人異なります。ですので、一人一人が自分のペースで 教科書を読んで身につけるのが一番良いのです。特に私が書いた教科書は、それができるように丁寧に書いてあります。

Q. それでは、講義はなんのためにあるのですか?

A. まず、一番大きいのは、質問できることです。特に、熱力学や統計力学や量子論のように 高度な論理構造を持っている学問を学ぶときには、様々な人が抱きそうな疑問点を全て教科書にくわけにはいかない(そんなことをしたら百科事典よりもはるか に厚くなってしまう!)ので、どんな教科書で勉強しても、どうしても疑問点が出てきます。そのときに、信頼できるプロに自由に質問できるというのは、実 は、大変に有り難いことなのです。しっかり考えながら教科書を読む人ほど、そのことがわかってくるでしょう。(最近、ネット上で質問すると誰かがそれに答 える、というサイトが増えてきているようですが、その答えを覗いてみたら、そのはちゃめちゃぶりに驚かされました。皆さんは、大学でちゃんとした人に質問 しましょう!)

だから、疑問がわいたときだけ講義に出てきて質問すればよいのです。そうすれば、講義のペースに煩わされることなく、自分のペースで勉強ができます。(質問は、講義よりも前の部分でも後ろの部分でも構いません。)

もちろん、もっと積極的に講義を活用することもできます。例えば、教科書を予習して きて、講義を総まとめとして聴く。あるいは、予習をしないで講義を受 けて、講義は概略を聴く場にする(家に帰ってから、講義で進んだところまで、本格的に教科書を読む)、などです。

どのやり方が自分に合っているかは一人一人異なりますから、自分に合った方法を選んでください。



-

物性基礎論の清水明さんによる、大学の講義に関する素晴らしいアドバイス。

ただなあ、清水さんの書いた量子力学の教科書は日本語で書かれた本のなかでもダントツに良い本なので、「一人一人が自分のペースで 教科書を読んで身につけるのが一番良い」と言い切ることができるけれど、すべての教員の講義がこのアドバイス通りに学生が受け取とることができないのが現実かも。

講義についての疑問・要望への返事

(via kashino)


from Tumblr http://ift.tt/1q8f5gH
via IFTTT