チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"阿久悠の言葉に、こういうのがある。読中、何度もリフレインしていた。   夢は砕けて夢と知り   愛は破れて愛と知り   時は流れて時と知り   友は別れて友と知り  だが、遅すぎた。何も始まっていな..."

f:id:Saitoh:20140813234827p:plain

阿久悠の言葉に、こういうのがある。読中、何度もリフレインしていた。

  夢は砕けて夢と知り
  愛は破れて愛と知り
  時は流れて時と知り
  友は別れて友と知り

 だが、遅すぎた。何も始まっていなかった人生であることを、人生の最後になって知るということは、なんと残酷なことか。



- 40超えたら突き刺さる『タタール人の砂漠』: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる (via usaginobike)
from Tumblr http://ift.tt/1uOJfWL
via IFTTT