チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"長年、朝日の慰安婦報道の誤報について指摘してきた東京基督教大の西岡力教授も8日午後、 読売テレビ系『ミヤネ屋』に出演し、「朝日は国際広報をする責任がある」と糾弾した。 ..."

f:id:Saitoh:20140810073554p:plain “長年、朝日の慰安婦報道の誤報について指摘してきた東京基督教大の西岡力教授も8日午後、
読売テレビ系『ミヤネ屋』に出演し、「朝日は国際広報をする責任がある」と糾弾した。

しかし、朝日が運営するウェブサイトの英字版では9日午前9時現在、誤報を認めた記事の英文版は確認できない。朝日の主要記事は当日中に英訳され、同サイトに掲載されている。

これだけ日本にダメージを与えた証言を取り消す検証記事は、少しでも早く掲載する必要があるはずだ。万が一、掲載しないとなれば、「姑息」といわれても仕方ないのではないか。

夕刊フジが、朝日にこの件について問い合わせたところ、同社広報部は書面による質問を求めてきた。このため、7項目の質問をFAXすると、5時間以上かかって回答書がきた。

注目の回答書は、「いただいたご質問にまとめて回答します」で始まり、改行後、黒く太いゴシック文字で「お答えは、さし控えます」と続き、再び改行後、「以上です。どうぞよろしくお願いいたします」と書いてあるだけだった。

電話で、回答ができない理由を担当者にたずねても、「さし控えますということです」という答えしか返ってこなかった。


- 【各局TV取り扱い動画】朝日新聞、慰安婦誤報も英文サイトに検証記事なし⇒夕刊フジが電凸した結果「書面でお願いします」⇒書面を送った結果wwww - おーるじゃんる (via darylfranz)
from Tumblr http://ift.tt/1B4iT7j
via IFTTT