チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

"シー・シェパード和歌山に幹部常駐 日本たたきビジネス化 反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」が和歌山県太地(たいじ)町に団体幹部を長期派遣し、 地元のイルカ漁に圧力をかけている。SSは12月にオースト..."

f:id:Saitoh:20140809071551p:plain “シー・シェパード和歌山に幹部常駐 日本たたきビジネス化
反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」が和歌山県太地(たいじ)町に団体幹部を長期派遣し、
地元のイルカ漁に圧力をかけている。SSは12月にオーストラリアから抗議船を出し、再び調査捕鯨を
妨害することも宣言し、“日本たたき”の姿勢を強めている。

太地町で活動しているのは、米環境保護局元捜査官で2年前にSSに加入した米国人、スコット・ウェスト氏(52)。
9月初めから、「ザ・コーヴ」で知られるようになった同町の畠尻湾に張りつき、撮影した動画像を
インターネットに連日配信して、イルカ漁の実態を「告発」している。
ウェスト氏は観光ビザで来日し、12月上旬まで日本に滞在する。
SSが幹部を日本に長期派遣するのは初めてで、SSはさらに、12月以降も別のメンバーを派遣する
意向を示している。

こうした活動を可能にしている背景には、SSの潤沢な財政状況がある。SSは2003年に初めて
太地町に活動家を派遣。05年には捕鯨妨害を始め、07年からは抗議船に米有料チャンネル
「アニマル・プラネット」の撮影班を乗船させて、活動家たちを「海の英雄」に仕立て上げる番組
「鯨戦争」の制作に協力するようになった。
「鯨戦争」は同チャンネル史上、歴代2位の視聴者数を稼ぐ人気番組に。米国やオーストラリアなどで
SSの知名度は飛躍的に向上し、活動の原資にしている寄付金が急増した。04年は総額120万ドル
(約1億円)だったのに対し、08年には396万ドルと3倍強にまで膨れあがった。
捕鯨関係者は「日本をたたくことで、収入が増えるビジネスモデルが確立され、SSにとって、日本が
『金のなる木』となっている」と指摘する。
http://ift.tt/1skb5fl

- シー・シェパード「日本超超超うめえええええ! 俺達ずっーと日本にいることにするわ!!」 :アルファルファモザイク (via wawawa8888)
from Tumblr http://ift.tt/1kPrxSF
via IFTTT