チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

" カゼの諸症状は、白血球のうちリンパ球が戦っている証拠だから、  日曜日だったし、なにもしないで、寝ていようと決めた。  咳がでるが、これは副交感神経反射で、異物を出そうとしている。  体がだる..."

f:id:Saitoh:20140802122553p:plain

 カゼの諸症状は、白血球のうちリンパ球が戦っている証拠だから、

 日曜日だったし、なにもしないで、寝ていようと決めた。


 咳がでるが、これは副交感神経反射で、異物を出そうとしている。

 体がだるいのは、副交感神経が、体を省エネ状態にして、

 過激な動きをさせない様にしている。


 鼻水が出るのも、自律神経の影響を受けている。

 カゼの引きはじめには、サラサラした鼻水がたくさん出る。

 これは、リンパ球とウイルスが戦っているため、

 体が副交感神経に支配されて、

 消化管の動きと、分泌作用が活発になっているから鼻水がでる。

 時には、消化管の過剰反応で、下痢をする事がある。


 リンパ球とウイルスの戦いが終わり、治癒期にはいると、

 自律神経反射で、白血球内の顆粒球が増えてくる。

 その顆粒球が交感神経優位の状態を作る。


 交感神経は、内分泌を抑制するので、鼻水の水分も少なくなり、

 粘りけが出てくる。


 そうなると、ほぼ八割方、カゼは治っているが、

 もし、鼻水が黄色くなるようだったら、無理をさけなければならない。


 黄色い鼻水は、増加した顆粒球が常在菌と戦った結果、

 化膿して黄色くなる。


 ここで、無理を重ねると、交感神経がますます優位になって化膿が進む。

 カゼは万病の元と言われるが、

 この時点で、肺炎や化膿性の扁桃腺炎に発展する。


 この様に、カゼが治りかけたら、

 交感神経優位の状態になるので、副交感神経も刺激して、

 交感神経に影響されている顆粒球の増加を抑える必要がある。


 顆粒球は、細菌を貪食(どんしょく)してくれるのは良いが、

 大量の活性酸素を発生し、その活性酸素が正常な細胞を破壊してしまう。


 では、どのようにして、副交感神経を刺激するか?

 簡単です。

 食べれば良いんです。



-

やぎでもわかる?免疫学 (via serena1719)

2011-02-13

(via quote-over100notes-jp)


from Tumblr http://ift.tt/1krsC2V
via IFTTT