チラシの裏の覚書。

個人的なナレッジノートです.φ(..)

料理初心者にも安心な、味付けマトリックスとは

f:id:Saitoh:20131118130827j:plain

 

 


昔『フーディーズTV』という料理番組を集中的に見て

素人ながら料理の勉強をしていた時期がありました。

(参考までに番組URLは http://www.foodiestv.jp/ )


上記番組だけではないのですが、よく味付け調味料の按配を

「○○が小さじ2と1/2杯、○○が大さじ1杯…」と、

何だか化学薬品的なケミカルなものでも作るかのような、

まさに字のとおりの「さじ加減」で、少々窮屈な印象を持っていました。


かといって、本当に適当な味付けをしてしまうと、

出来上がったものは、とても不味くて食べられたものではありません。

捨ててしまう食材も、もったいないですよね。


それでも現在の自分の料理法は、やはり適当ではあるのですが、

味付けには「ルール」があり、基本的にそのルールから逸れない限り、

ある程度まとまりのある味に仕上がります。


下記の表組み(マトリックス)をご覧ください。

 

f:id:Saitoh:20130612163209j:plain

 

 

絶対的なマトリックスではないのですが、

上段のゾーンは、煮物・炒め物など「火を使う」料理、

下段のゾーンは、あまり「火を使わない」料理、

そして①~③は、調味料を入れる順番で、

①からひとつ、②からひとつ、③からひとつと選びます。

下のゾーンのものでも、火を使う料理にも問題ありませんが、

逆の場合はあまりない、レアなケースと考えてください。


また、大さじにしても、おたまにしても、

「①:②:③」の割合は「1:1:1」で全く問題ありません。

これが味付けを簡単にするからくりです。


たとえば味噌味の煮物の場合、

「上段①+下段②+上段③」の組み合わせだったり、

③のゾーンで「味噌8割、」隠し味に「醤油2割」と

あわせ技で味に深みも出せます。


この味付けマトリックスの一番良いところは、

リアルな「冷蔵庫のあまり食材」で料理が作れることです(笑)


ぜひご参考になさってください。